ロゴ

フロアコーティングで床の保護【手入れを楽にする方法】

>記事一覧>フロアコーティングで掃除が楽に!【床保護&汚れ付着防止効果】

フロアコーティングはどのタイミングですべき?

フロアコーティングに興味を持っている人は、施工依頼をすべきタイミングを調べてみましょう。人によって、施工依頼のタイミングは異なるため、下記の記事を参考に考えてみてください。

フロアコーティング施工のタイミング

床

入居前

新築戸建てやマンションなどに引っ越すなら、引っ越す前にフロアコーティングをしてもらいましょう。引っ越す前なら家具や家電類が無いため施工しやすく、引越し作業時に発生する床の傷もある程度防ぐことができます。

リフォーム

住宅のリフォームを考えている人は、リフォームのタイミングでフロアコーティングの施工依頼をしています。リフォーム会社の中には、フロアコーティングをセットで依頼することもできるため利用しやすいでしょう。

出産

子供が生まれると飲み物をこぼしてしまったり、食べ物をこぼしてしまったり、おもらしをしたりとフロアを汚す機会が一気に増えてしまいます。そのため、フロアの劣化を防ぎつつ汚れを付きにくくする方法としてフロアコーティングを依頼する人も少なくありません。

フロアコーティングで掃除が楽に!【床保護&汚れ付着防止効果】

工具

汚れ&傷から守る方法

家具の引きずり跡や、摩擦・ペットの引っ掻き傷などが原因でダメージを受けた床は輝きを徐々に失ってしまいます。床の輝きが減ると、床がくすんで見えたり・室内が暗く見えたりといった現象がおこりやすくなるでしょう。しかし、フロアコーティングで床の表面を保護すれば、汚れにくく傷のつきにくい床に仕上げることができます。フローリングワックスという方法で、床に輝きをプラスすることも可能ですが、ワックスは定期的にメンテナンスしないといけないため手間が増えてしまいます。ですが、フロアコーティングなら、種類によりますが一度施工をすると数年は持つためフローリングワックスよりも手間はかかりません。
そして、多くの人は室内に目を向けがちですが、屋根やベランダの床もダメージを受けていないかしっかり確認しておきましょう。屋根やベランダの床がダメージを受けてしまうと、雨漏りの原因なってしまうため東京にある防水工事業者に相談し、雨漏り対策もしてみてください。